コメディカル部門 リハビリテーション科

脳卒中になった時のリハビリテーション

脳卒中には脳梗塞、脳出血などがあり、発症後の治療には薬物療法、手術療法がありますが、状況によっては半身の手足が動かない、感覚が鈍くなるなどの症状が残ることがあります。症状、回復過程はそれぞれ異なる為、個別的な評価治療を適宜実施していく事が重要となります。

当院で取り組んでいる脳卒中のリハビリテーションの一例

・脳出血
脳出血発症後は血圧、脈拍等が不安定となっている為、状態の確認を行いながらリハビリを進めていきます。麻痺や感覚障害等に対してのリハビリと並行して少しずつ体を起こしていく練習を開始し、座る、立つ、歩くといった段階的に動作の獲得を目指します。また、排泄、着替え、洗面、入浴など日常生活に必要な動作練習も行っていきます。 リハビリテーションにて一旦失った能力を取り戻す事は容易ではありません。訓練を進める中で前向きになれず、一方的にセラピストがリハビリを進めても効果は期待できないでしょう。この為、当院ではご本人、ご家族とコミュニケーションを積極的にとり、どのような思いでリハビリテーションに取り組まれているのか知るよう努めております。
受け身ではなく、能動的に目標に向かってリハビリテーションに取り組めるようサポートさせていただきます。

前のページに戻る