コメディカル部門 リハビリテーション科

がんになった時のリハビリテーション

がんの治療には手術や化学療法、放射線療法などがあります。
より良い状態で治療を受けるために、また、治療後によりスムーズに生活に戻っていけるように治療や状態に合わせたリハビリテーションが重要になります。

当院で取り組んでいる主ながんのリハビリテーションの一例

・乳がん
乳がんの手術を受ける場合、その後遺症として術後に肩が挙げにくい、リンパ浮腫を発症するという可能性があります。そのため、手術を受ける場合には、手術後のさまざまなことにも対応できる病院を選ぶことが大切になります。
当院では、そのような後遺症を軽減させるため、手術の前日から手術後、退院後の外来まで必要に応じてリハビリテーションを提供しています。
また、当院では専門教育を受けたリンパ浮腫セラピストを配置しており、万が一、リンパ浮腫を発症した場合でも専門治療を受けることができ、安心して治療に臨んで頂けるようリハビリテーション職種もサポートさせていただきます。

・消化器がん/前立腺がん
大腸がん、食道がん、胃がん、膵臓がん、肝臓がんなどの消化器がんの手術などの治療を受ける際、よりスムーズに日常生活に復帰できるよう必要に応じてリハビリテーションを行います。
手術では、侵襲によるダメージから全身の筋力低下や体力の低下を起こしやすくなります。また、開胸・開腹手術を行う場合には、呼吸機能の低下や肺炎などの合併症を予防・改善することが重要になります。そのため、リハビリテーションでは、術後早期から離床できるように歩行訓練を行ったり、体力を取り戻すための運動療法や呼吸リハビリテーションなどを実施します。
リハビリテーションが必要となった患者様には、当院ではがんのリハビリテーション研修を修了したセラピストや呼吸認定療法士等の資格をもつセラピストを中心に治療前から治療中・後まで患者様のリハビリテーションをサポートさせて頂きます。

・婦人科がん
婦人科がんはその他のがんと比べても、治療中・治療後の活動性が低下していることが多いといわれています。そのため、体力を低下させることなく、スムーズに生活に復帰できるよう治療中・治療後からリハビリテーションにも取り組むことが大切になります。
当院では、必要に応じて運動療法などのリハビリテーションをがんのリハビリテーション研修を修了したセラピストがサポートします。また、婦人科がんは手術にともなってリンパ浮腫を発症する可能性があります。
当院では専門教育を受けたリンパ浮腫セラピストを配置しており、万が一、リンパ浮腫を発症した場合でも専門治療を受けることができますので、安心して治療の望んで頂けます。

・転移/進行したがん
転移や進行したがんの治療や緩和ケアを受けている方が、病気と向き合いながら病状に応じて少しでも自分らしい生活を営むことができるようリハビリテーション職種もサポートします。
骨に転移が見つかると骨がもろくなりやすく骨折しやすい状況になったり、肺に転移が見つかると呼吸困難感が出てくることがあります。リハビリテーションでは、少しでも骨折を予防したり、痛みを引き出さないような体の動かし方を練習したりします。また、呼吸困難感に対しては、呼吸方法を練習したり、呼吸を整えながら動作を行う練習をしたりし、より自立した日常生活を営むことができるようサポートします。
自宅に退院するための支援や在宅(訪問リハ)でのがんのリハビリテーションについても対応させて頂きますのでご相談下さい。

ここでは主ながんのリハビリテーションの取り組みについてご紹介しておりますが、個々の患者様の病態に応じてリハビリテーションの適応となる場合、適応とならない場合もございます。詳しくは主治医にご相談下さい。

前のページに戻る