コメディカル部門 リハビリテーション科

骨折した時のリハビリテーション

骨折後の治療には手術を行わない保存療法と手術療法があり、手術療法では骨折の状態によりますが、早期に体重をかけることができ、関節を動かすことも可能となります。保存療法ではギプス等の固定が行われ、骨折部の不動期間が生じ、関節が動きにくくなることや筋力低下が生じてきます。また、手術療法、保存療法に共通して日常生活での活動量低下がおこり、骨折部以外の筋力低下など、二次的な問題も生じてきます。この為、術後早期よりリハビリテーションを開始していく事が重要となってきます。

当院で取り組んでいる骨折のリハビリテーションの一例

・大腿骨頸部骨折
大腿骨頸部骨折は高齢者によくみられる骨折の一つです。早期の歩行獲得、寝たきりによる体力低下を予防するために手術される方が大半となります。術後のリハビリテーションでは、患部である股関節の動きを改善する為の訓練や、筋力を改善する為の訓練を実施しています。
また、当院ではその場限りの治療では無く、再受傷しない為の体づくり、補助具の選定、住環境調整などもさせていただき、退院後もご本人、ご家族が安心して生活できるよう努めております。

・橈骨遠位端骨折
手のひらをついて転んだり、自転車やバイクに乗っていて転んだりしたときに起こる手首の骨折です。特に閉経後の中年以降の女性では骨粗鬆症で骨が脆くなっているので、骨折してしまう方が多く、若い人でも高い所から転落して手をついたときや、交通事故などで強い外力が加わると起きます。骨が安定している場合は、そのままギプス等で固定しますが、骨が不安定な場合は手術が必要になります。
術後のリハビリテーションでは、関節の動きや筋力を衰えさせないように、また以前の状態に近づくように動きを回復させ、“生活する(生活できる)手”を目指します。自分の手をどのように使用して生活していくかを習得するために自宅での自主訓練を含め、リハビリテーションに取り組むことが大切になります。

・腰椎圧迫骨折
腰椎圧迫骨折は脊椎圧迫骨折の一種で高齢者に多く、骨粗鬆症のように骨の強度が低くなると脊椎の椎体という部分が潰れることで起こる骨折です。治療としては骨折部位を固定して安静に保つ保存治療が基本となります。リハビリテーションとしては、一人一人の患者様に合わせた硬めのコルセットを装着してから痛みに応じて起き上がる動作や立ち上がる動作、歩行練習を行っていきます。
また、患部(腰部)に負担をかけないための動作の工夫について(例えば物を持ち上げる動作など)を患者様本人だけでなく、ご家族の方にもご指導しています。

前のページに戻る