専門外来-睡眠時無呼吸センター(SASセンター)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)について

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は、睡眠中に何度も呼吸が止まった状態(無呼吸)が繰り返される病気です。もっとも特徴的な症状は『大きないびき』です。
いびきや不眠、夜間睡眠中に目が覚めたり(夜間の中途覚醒)、起床時の頭痛、日中の眠気などの症状があります。また、高血圧・不整脈などの循環器系の疾患、呼吸器系の疾患などの合併症を引き起こす事もあります。そのうえ、日中の眠気のため、居眠り運転による交通事故を引き起こしやすくなります。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは【定義について】

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)

睡眠中に断続的に無呼吸を繰返し、その結果、日中傾眠などの種々の症状を呈する疾患の総称

無呼吸(apnea)

10秒以上の気流の停止
一晩7時間の睡眠中に30回以上の無呼吸があり、そのいくつかはnon-REM期にも出現するもの

無呼吸指数 AI(apnea index)

睡眠1時間あたりの無呼吸の回数
AI≧5(回/時間)

(Guilleminaultらによる)

SAS目次に戻る ▲ ページTOPへ ▲