専門外来-乳腺センター

乳腺センターについて

乳腺センター開設ついて

日本女性が生涯に罹患する悪性腫瘍のうち最も罹患率の高いものが乳がんで12人に1人が生涯に経験するとされています。
当院では南河内地区の乳がん検診施設として近隣の自治体からの一次検診を受け入れるとともに精査、診断、治療も幅広く行っており、2016年4月より乳腺センターを発足させました。

特徴

患者さんを中心に乳腺外科、放射線、病理診断の専門医と看護師、放射線技師、検査技師、薬剤師、リハビリ専門職が密に連携するチーム医療を行います。

▲ ページTOPへ ▲

初期診療の実際

乳腺外来

月(午前)、火(午前)、水(午後)、土(午前)に乳腺専門医が外来診療を担当しています。
乳癌検診等での資料を持参して下さい。
直近の検査資料がない場合はマンモグラフィーや超音波検査を受けていただき乳がんを疑う所見があればMRIやCT等の画像検査、細胞診や針生検を追加し、診断・治療へすすめていきます。

初診時の代表的な検査である。
マンモグラフィーと超音波検査を紹介します。
当院ではいずれも認定資格を有する女性技師が担当しております。

マンモグラフィー

“マンモグラフィー”とは、近年メディアで頻繁に取り上げられているのでご存知の方も多いと思いますが、“乳房X線検査”の意味で、乳がんを早期に発見する検査として広く用いられています。
検査方法は、上下方向から押さえる撮影(CC)と、やや斜め方向から押さえる撮影(MLO)の2方向撮影を行います。
撮影時は、乳房を引っ張り出して圧迫をかけていきます。
痛みの感じ方は個人差があるので、痛みが最小限になるように様子を見ながら圧迫します。
(必要以上に圧迫をかけることはありません。)
この時、できるだけリラックスして力を抜くことも圧迫による痛みを軽減するコツです。
では、なぜ痛いのに圧迫をして撮影するのかというと・・・・
乳房内の乳腺組織を広げ圧迫固定することにより、動きによるブレや触診ではわからない初期の小さな病変を見つけることができます。
そして、乳房の厚みに応じて線量を調整する為、乳房の厚みを薄くすることで被曝線量を少なくすることができます。
(乳房厚を1㎝薄くすると、被曝量は半分になります。)
また当院では、日本乳がん検診精度管理中央機構の認定を受けた女性放射線技師が検査を行っており、“マンモグラフィ検診施設画像認定”(2015年1月に更新)も取得しています。
検査を受けたことがある方も、また初めての方も安心してお越しください。

  • Senographe 2000D
  • 腫瘤性病変
  • 石灰化病変

臨床画像(MLO)

検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師
  • 村田 智子
  • 稲葉 真理子
  • 前田 苗実
  • 岸田 優実

超音波検査

乳腺超音波検査って?

乳房に超音波をあて、はね返ってくる反射波を画像化する検査です。
乳房表面にゼリーを塗って、その上からプローブと呼ばれる機械をあてて乳房内を写します。
マンモグラフィのように微細な石灰化を写すことには適しませんが、乳房の内部の構造を観察しながら触診では触れない小さな病変を見つけることができ、早期に乳がんを発見する検査として広く用いられています。
痛みはなく放射線を使わないので妊娠中でも検査が可能です。
乳腺の発達している若い女性ではマンモグラフィ―より比較的正確に把握できます。
また画像を見ながらしこりの大きさや状態、広がり具合まで観察することができます。
しこりの中には乳がんだけでなく、治療の必要ない良性のしこりもあります。
画像だけで判断できない場合は細胞診や組織診といったひとつ進めた検査を同時に実施することもあります。

当院は日本超音波医学会の研修施設に認定されており、超音波検査士の認定を受けている女性技師が検査を行っています。
安心して検査をお受けください。

  • 乳がんの病変の超音波像
  • Aplio400
日本超音波医学会認定超音波検査士
  • 宮坂 昌世
  • 井原 かおり
  • 眞鍋 朋美
  • 樋口 茉理恵
▲ ページTOPへ ▲

その後の治療の流れ

しこりの大きさ、リンパ節転移の有無、組織型、悪性度により手術前に薬物療法(3~6ヶ月)を行うことがあります。
手術入院は5~10日間でその後に薬物療法、放射線治療を単独あるいは組み合わせて治療します。

手術の種類

乳房温存術

しこりを中心とする乳腺の一部を切除し、乳頭・乳輪を残す手術法です。
しこりの大きさが3cm以下1カ所のみでがんが乳房内に広がっていないことが条件になり、通常は術後に乳房照射を行います。

乳房切除術

がんができた乳腺をすべて切除する術式で以前は大胸筋や小胸筋などの筋肉をいっしょに切除することが多かったのですが今では胸筋を温存する胸筋温存乳房切除術が大半を占め、乳房再建を前提に乳房皮膚や乳頭・乳輪を残す手術も行っています。

腋窩郭清とセンチネルリンパ節生検

術前にわきの下のリンパ節(腋窩リンパ節)に転移が確認された場合は腋窩リンパ節を取り残しがないよう切除します(腋窩郭清)。
一方、腋窩リンパ節への転移が術前に確認できない場合はがんが最初に到達する”見張り”リンパ節(センチネルリンパ節)を手術中に摘出し、転移の有無を病理検査で確定し転移があれば腋窩郭清を追加します。

術後のリハビリについて

乳癌の術後は、肩が挙がりにくくなったり、リンパ浮腫を発症することがあります。
そのため、術後は肩のリハビリテーションに取り組み、リンパ浮腫を予防するための知識を身につけて頂くことが大切になります。

肩のリハビリテーションでは、手術翌日から手術方法などに合わせて肩を動かしていくことが大切になります。
当院では、少しでも早く日常生活や仕事に復帰して頂けるよう術前日から術後まで作業療法士又は理学療法士がサポートさせて頂きます。

リンパ浮腫は一旦発症すると治癒することはできません。
そのため、少しでもリンパ浮腫を発症しないように生活の中で工夫することが大切になります。
当院では、看護師と協力して作業療法士又は理学療法士が、個々の方の生活に合わせて、どのような場面で気を付ければ良いのか、またどのように工夫すれば良いのかを具体的にご相談頂けます。
また、わが国ではリンパ浮腫の治療に対応できる医療機関は少ないのが状況ですが、当院はリンパ浮腫治療セラピストの資格を有するスタッフを配置し、万が一リンパ浮腫を発症した場合でも治療できる体制を整えています。
皆様が少しでも安心して手術・治療に臨んで頂けるよう医師、看護師等とともにリハビリテーション専門職種もサポートさせて頂きます。

化学療法室について

薬物療法のなかで抗がん剤を用いて行う治療法は外来通院で行いますが安全対策に欠かせないのが専用の化学療法室で専任医師、看護師、薬剤師が何重にもチェックする体制を確立しています。
外光が差し込む明るいスペースで専用のチェアとベッドを準備し、リラックスしていただける環境を整えています。

スタッフの紹介

副院長 兼 乳腺センター長荻野 信夫(おぎの のぶお)

荻野 信夫
専門領域
外科/乳腺外科
内視鏡外科(腹腔鏡手術)
消化器外科
専門医・認定医
日本外科学会専門医・指導医
日本乳癌学会乳腺専門医・指導医・評議員
日本消化器外科学会指導医
日本ヘルニア学会評議員
日本内視鏡外科学会評議員
日本内視鏡外科学会技術認定取得(一般外科:ヘルニア)
日本がん治療認定医機構暫定教育医
近畿外科学会評議員
検診マンモグラフィ読影認定医(A)
所属学会・資格等
日本外科学会
日本消化器外科学会
日本乳癌学会
日本乳癌検診学会
日本内視鏡外科学会
日本臨床外科学会
日本癌治療学会
日本胃癌学会
日本大腸肛門病学会
日本ヘルニア学会
▲ ページTOPへ ▲