麻酔科

特色

現在、当麻酔科では外科、整形外科、泌尿器科、皮膚科、形成外科、婦人科、眼科のうち主として全身麻酔と脊椎麻酔を必要とする手術の麻酔を、年間約1100例担当しております。
また、当院は日本麻酔科学会が認める麻酔指導認定病院です。

最近の麻酔の技術、薬剤は急速に進歩しております。例えば全身麻酔ですと、以前は手術中に患者さんが眠っていて、手術中のことを覚えていないだけでよかったのですが、現在では術後もあまり痛くなく、嘔気や嘔吐などの不快な症状もないということが求められています。特に術後痛は患者さんが苦痛であるだけでなく、患者さんの免疫力を低下させ、創部の治癒も遅らせると言われていますので、鎮痛の必要性は高いのです。そのため術後鎮痛の目的で硬膜外麻酔を併用したり、痛みを感じた時に患者さん自身が静脈内への麻薬鎮痛剤の追加投薬ができるIV-PCAという装置をつけたりします。また、短時間作用性の麻酔用の麻薬が使えるようになりましたので、手術中は十分な鎮痛効果が得られ、しかも覚醒が速やかな麻酔を提供することができます。そして全く新しい画期的な筋弛緩薬に対する拮抗薬も使用できるようになり、麻酔の安全性がさらに高まりました。

▲ ページTOPへ ▲

認定施設

  • 日本麻酔科学会認定麻酔指導病院
▲ ページTOPへ ▲

スタッフの紹介

部長中村 千賀子(なかむら ちかこ)

中村 千賀子
専門領域
麻酔科/麻酔
専門医・認定医
日本麻酔科学会認定医・専門医
麻酔科標榜医
所属学会・資格等
日本麻酔科学会
日本臨床麻酔学会

森 敦子(もり あつこ)

森 敦子
専門領域
麻酔科/麻酔
専門医・認定医
麻酔科認定医
小児麻酔認定医
麻酔科標榜医
日本周術期経食道心エコー認定試験合格
所属学会・資格等
日本麻酔科学会
日本臨床麻酔学会
日本小児麻酔学会