コメディカル部門 臨床検査科

基本方針

  • 迅速で良質な検査結果の提供に努める。
  • 患者の視点に立った検査をこころがける。
  • 運営の効率化に努める。
  • チーム医療への参画に努める。
▲ ページTOPへ ▲

業務内容

臨床検査科では主な検査業務として、患者様からの検体を検査する検体検査部門と、患者様を直接検査する生理検査部門に大別され、24時間検査技師が常駐しており、日常勤務時間帯では各検査部門1~5名にて検査を実施しています。また、休日・祝日・時間外においては緊急性が求められる検査のみを1名の検査技師が検査を実施しています。

1) 生化学検査
血糖・HbA1cの測定・感染症・腫瘍マーカー検査・生化学項目の測定とデータチェック。
外注検査項目への検体分注。各機器のメンテナンスを実施。
2) 血液検査
自動血球分析装置を用いた血球測定。自動血液凝固測定装置を用いた凝固検査。
血液標本・骨髄液標本の作製と鏡検。
3) 輸血・血清検査
(1) 輸血業務
血液型検査・不規則抗体検査及び抗体同定・交差試験・血液製剤の発注、入庫、出庫作業。
輸血統計・輸血前後検査・血液センター遡及調査等。
(2) 血清検査
甲状腺(機器測定),HBs-Ag(簡易法),TP,RPR,寒冷凝集,マイコプラズマ抗体,HTLV-1抗体等。
4) 一般検査
尿一般定性検査・沈渣・妊娠反応検査、便潜血検査、寄生虫検査、精液検査、腟分泌物検査、穿刺液(胸水・腹水・リコール)検査、尿蛋白・尿糖定量、尿浸透圧検査等。
5) 細菌検査
喀痰・尿・糞便・膿、分泌物・穿刺液・血液などからの病原細菌や真菌を検出するために、鏡検検査・培養同定検査・薬剤感受性検査を実施。
簡易キットを用いてノロウイルスの検索やCDトキシンの検査を実施。
院内における感染対策の一環としての病原菌のサーベイランス及びアンチバイオグラムの作成。
6) 病理検査
  1. (1) 病理組織検査
  2. (2) 術中迅速病理組織検査
  3. (3) 細胞診検査
  4. (4) 病理解剖

臨床医・病理医・臨床検査技師間でのコミュニケーションを図りながら迅速かつ正確な検査を実施。
また腎生検や穿刺液吸引細胞診を行う際、ベッドサイドに赴き良質な標本作製に努める。
CPCやカンファレンスを行い臨床症状と病理結果を照合し臨床診断の向上に寄与。
ホルマリンや有機溶剤などの特定化学物質の使用が必要不可欠なため、防護具の着用・作業環境測定など法律に遵守した環境を保つことを実施。

7) 生理検査
(1) 生理一般
心電図全般(ホルター・負荷を含む)・呼吸機能検査・ABI・睡眠時無呼吸検査(簡易・精密一泊)・脳波・電流知覚域値
(2) 超音波
消化器・心臓・乳腺・甲状腺・体表臓器・血管(頚・上肢・下肢)エコー下針生検などの診断補助・RFAなどの治療補助
(3) 健診
超音波(腹・乳・頸動脈)・スパイロ
8) 聴力検査
簡易聴力検査・標準純音聴力検査・標準語音聴力検査・チィンパノメトリー・耳小骨筋反射・SISI検査をオージオメーター、インピーダンスオージオメーターを用いて実施。
9) 採血業務
▲ ページTOPへ ▲