病理診断科

特色

患者さんが病院に来院されると、適切な治療のために適切な診断が必要になります。「病理診断」は最終診断として大きな役割を果たします。 患者さんの体より採取された病変の組織や細胞から 顕微鏡用のガラス標本がつくられ、この標本を顕微鏡で観察して診断するのが病理診断科です。 組織や細胞の採取は、外科医・内科医・産婦人科医などの臨床医が行いますが、採取された組織からつくられた標本を顕微鏡で観察して診断するのは病理診断科の病理医です。正しい診断には、臨床医と病理医の連係プレーが欠かせません。

病理診断には以下のようなものがあります。

  • 細胞診断
  • 生検組織診断
  • 手術で摘出された臓器・組織の診断
  • 手術中の迅速診断
  • 病理解剖

病理診断は主治医に報告され、治療に活かされますので、より良質の医療を提供することにつながります。

▲ ページTOPへ ▲

認定施設

  • 日本病理学会研修登録施設
  • 日本臨床細胞学会認定施設
▲ ページTOPへ ▲

スタッフの紹介

臨床検査科顧問長廻 錬(ながさこ れん)

長廻 錬
専門領域
外科病理一般
専門医・認定医
日本病理学会病理専門医指導医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
▲ ページTOPへ ▲