後期臨床研修プログラム

内科後期研修外科後期研修泌尿器科後期研修整形外科後期研修処遇と採用

総合診療科詳細

総合診療医後期研修プログラムとは

研修指定病院での2年間の研修修了者は、総合診療医後期研修プログラムに入り、内科後期研修医としてプライマリーケアを更に深く学ぶことができる。このコースは、総合診療を身につけ、しっかりとした土台の上に自らの専門分野を築き上げたい若手医師に最適プログラムといえる。期間は3年間とする。

総合診療医後期研修プログラムの特徴

  • プログラムスタート時は救急診療科に属し総合診療研修を行うが、専門が決まり次第変更をすることができる(当院後期研修プログラム各コース参照)
  • 3年間希望に応じ救急診療科・内科全般及びプライマリーケア診療能力を高める為の診療科を自由にローテートできる。
  • 3年間の研修期間中に、国内研修留学(6ヶ月間を限度とする)についてサポートできる。総合診療医後期研修プログラムに属しながら(給与・身分保障有)、他関連病院・施設において専門(国内留学)研修を行うことができる。
  • 3年間を満たずして、大学医局及び他の専門医療機関での研修を希望した場合も斡旋している。

総合診療医コース研修指導医

大谷 正勝 副院長(救急センター長)
大谷正勝
日本循環器学会専門医・ 日本心臓血管外科学会専門医・日本外科学会指導医・日本胸部外科学会認定医
窪田 剛 診療局長兼内科部長(臨床研修医管理室長)
窪田 剛
日本内科学会認定内科医指導医・麻酔科標榜医・日本医師会認定産業医・日本医師会認定健康スポーツ医・Infection Control doctor・抗菌化学療法認定医

研 修 例

1年目2年目
初期臨床研修医

臨床研修指定病院で2年間の研修終了後、総合診療医若しくは、初期研修期間において不足と感じた研修(プライマリーケア)を中心とした専門医となるための礎となる研修を望む医師が当院総合診療医コースを選択

3年目
救急診療科(4ヶ月)循環器内科(5ヶ月)消化器内科

救急診療科に在籍しながら、内科内の診療グループや循環器内科を自由にローテート
(随時ローテート変更にも対応し、オリジナルプログラムが組み立てられる)
免許取得後3年目で認定内科医の資格取得

4年目
消化器内科(6ヶ月)血液内科(3ヶ月)リウマチ・アレルギー内科(3ヶ月)腎臓内科-透析(3ヶ月)

後期研修期間が2年間終了時点で自分の専門分野を循環器内科と決定した場合・・・5年目スタートの当初6ヶ月間を他施設で行う国内留学研修を選択できる。その後、救急診療科及び循環器内科において後期研修の最終章を迎える

5年目
他の医療機関:済生会グループ病院(6ヶ月)
救急診療科(4ヶ月)
循環器内科(5ヶ月)循環器内科(2ヶ月)

後期研修プログラム終了後の進路

  • 希望により富田林病院医師スタッフとなることができる
  • 他の済生会グループ病院への入職斡旋
  • 関連大学及び他大学に入局の斡旋
  • 関連大学及び他大学の大学院進学可能

医師としてのキャリアアップとなる道が準備している

▲ ページTOPへ ▲