病院のご案内

患者の権利と責務

富田林病院は、医療の中心は患者の皆さんであることを深く認識し、患者の皆さんと職員との信頼関係に基づいた医療を推進するため、ここに「患者の権利と責務」を定めます。

患者の権利

  1. 誰もが最適の医療を公平に受ける権利があります。
  2. 病気や診療のことで疑問に対して、どのようなことでも質問する権利があります。また、所定の手続きにより、診療録の開示を求めることができます。
  3. 十分な説明と情報提供を受けた上で、検査、治療方法などを自らの意見で選択、決定する権利があります。また、他の医師の意見(セカンド・オピニオン)を聞く権利があります。
  4. 診療の過程で得られた個人情報ならびにプライバシーが守られる権利があります。また、同時に他の方のプライバシーを守る義務も伴います。

患者の責務

  1. 良質な医療を実現するため、自分自身の健康に関する情報を出来るだけ正確に提供し、医療従事者と共同して治療に参加してください。
  2. 診療については、十分に理解できるまで質問し、納得したうえで受けてください。
  3. 病院の規則や社会的ルールを守り、職員や他の人々に迷惑をかけないようにしてください。

平成21年2月

▲ ページTOPへ ▲

職業倫理

すべての職員が病院理念及び基本理念に基づき、意欲と誇りをもって医学・医療の使命を果たすことを目的とし、次のとおり職業倫理に関する規定を定めます。

職業倫理規定

  1. 医療サービスの質の向上を図るため、確かな知識の習得と技術の研鑽に努めます。
  2. 医療の公共性を重んじ、地域社会へ貢献するとともに、法規則を遵守いたします。
  3. 患者の人権を尊重し、良心をもって十分な説明と同意に基づく患者本位の医療を実践します。
  4. 患者のプライバシーを尊重し、職務上知り得た情報の守秘義務を遵守します。

平成21年1月

▲ ページTOPへ ▲

医療従事者の勤務環境改善に関する指針(取り組み)

夜勤、時間外、休日・深夜の緊急対応等における負担軽減に努めます。

医療従事者の勤務状況の把握を行い、ワークライフバランスを推進します。

働きやすい環境の整備に努めます。

院内保育所(月極・一時・病児保育)の体制維持、充実に取り組みます。
多職種からなる会議・委員会を組織し、職員ニーズの把握に取り組みます。
多様な働き方ができるように、処遇の改善に取り組みます。

医師事務作業補助者の配置による医師の事務作業負担軽減に努めます。

医師事務作業補助者の配置を拡大し、医師の負担の軽減に取り組みます。

看護補助者・病棟クラークの配置による看護師の負担軽減に努めます。

看護補助者や病棟クラークを適切に配置し、看護師の負担軽減に取り組みます。

▲ ページTOPへ ▲