病院のご案内

院長あいさつ

宮崎院長の写真 富田林病院は昭和52年10月に開院いたしました。
以来40年間、地域医療を守るとともに地域住民の健康増進への寄与等、医療・福祉・保健分野において役割を果たしてきた病院であります。
当院は“地域の皆様から信頼を得る病院”を理念とし、患者様から地域の医療機関として信頼していただける病院を目指しております。
市民の方々にとっての病院であることはもちろんのこと南河内医療圏における中核病院であることから、地域住民に良質な医療、救急医療、大規模災害対応等の提供を行うことが原点でありますとともに、最新の医療を安全に提供することが使命であると考えております。
そのためには高度かつ総合的な医療機能をもち、日々変化する医療ニーズに迅速に対応することが必須要件です。
少子高齢化という時代の変化は加速し、本格的な超高齢社会を迎え、世界でも経験のない地域医療の設計が私たちに託されております。
この地域における医療を守る為、基幹となる近畿大学医学部附属病院とこれまで以上に密接な連携を図り、地域の皆様にとって最善の医療提供を行って参る所存です。
また、富田林医療福祉センターに属する病院であることで、地域の医療、福祉の両輪を担う済生会こそが医療介護のシームレスな連携を実現できるものと考えており、隣接した特別養護老人ホーム「富美ヶ丘荘」や富田林訪問看護ステーション、そして富田林市老人保健施設「けあぱる」とも密接に連携していくつもりです。
地域住民の皆様とともに歩み、選んでいただける病院を目指し、職員一同信頼と協調、人の和を築けるよう、地域により良いサービスを提供できる医療機関となるべく職員一同、日々研鑚して参ります。
宜しくお願い申し上げます。

▲ ページTOPへ ▲