病院のご案内

基本理念・基本方針

基本理念

私たちは常に研鑚(けんさん)し、医療・保健・福祉活動において地域の皆様から安心と信頼を得る病院を目指します。

基本方針

  1. 地域の中核病院として行政、外部医療機関、福祉施設等関係機関と緊密な連携を図ります。
  2. 急性期医療を担う病院として、救急医療を含め地域のニーズに応える運営を行います。
  3. 患者の個性と尊厳を尊重して、真摯な態度で最善の医療を行うことに努めます。
  4. 予防医学を実践し、生活の質の向上に力を注ぎます。
  5. 質の高い医療提供とともに効率的な運営を行い健全経営を目指します。
  6. 自己の能力開発に努めるとともに協調と連携によるチーム医療を実践します。

富田林病院は地域の医療福祉ゾーンに設立された病院で、伝統的に医療福祉活動をしています社会福祉法人である済生会が運営管理をしています。

一方、富田林市が開設した病院でもあり、地域の医療・保健・福祉の役割を担う公的病院として性格を有しています。そのため、隣接した大阪府済生会特別養護老人ホーム「富美ヶ丘荘」や富田林市老人保健施設「けあぱる」とも密接に連携しています。地域の医療機関として信頼を得るために、私たち職員が研鑚(けんさん)、努力してその役割を果たす事が大切と考えます。

地域中核病院としての役割を果たすためには、地域のニーズが何であるかを常に考え、地域によりよいサービスをする医療機関でなければなりません。現代社会では、価値観が多様化していて、十分なインフォームド・コンセントと水準の高い医療が、良質な医療の基本です。またそのために、全ての職員がその役割に責任を持って協調と連携によるチーム医療を実践することが大事です。

医療が時代と社会の中で改革を求められている現在、当院は急性期医療を担う病院として地域の要請に応えるように取り組んでいます。

(上記の基本理念、基本方針は平成14年4月に明文化されました。)

▲ ページTOPへ ▲